旅行に行こう #世界遺産 #シンクヴェトリル #アイスランド

 世界を旅して

 

 "座標: 北緯64度15分29秒 西経21度07分30秒シンクヴェトリル(アイスランド語: Þingvellir)は、アイスランドの国立公園地域。ユネスコ世界遺産にも登録されている。シンクヴェトリル付近は、大西洋中央海嶺の地上露出部分であって、ユーラシアプレートが東に北米プレートが西に広がっている。そのため各地でギャオ(アイスランド語: gjá)と呼ばれる大地の裂け目が見られ、独特な岩肌を眺めることができる。シンクヴァトラヴァトン湖の北辺に位置する[1]。近隣の都市としては、40キロ南西にレイキャヴィーク、45キロ西にアクラネースが位置している。930年、ノルウェーからの移住者によって、この地で「アルシング」(Alþingi)と称される民主的な全島集会が開催された。この全島集会を議会ととらえれば、中世の身分制議会ではなく近代議会がすでに存在していたことになる。かつてアルシン" ・・・続きはWikipediaで

 『ウィキペディア日本語版

 

 

悩みがあったとき、世界遺産の圧倒的存在感に触れ、その時の人ひとりの悩みがとても小さく思え、気持ちの切り替えができました。

 

人が誕生する前から存在していた自然の造形。幾千万人で生み出した人の造形。

 

悩みがあったらぜひ見てほしい。その存在感に触れてみてください!

 

そうだ、旅にいこう!

 

旅行に行こう!

 

 世界遺産マップ

 のぞいてみてね!