旅行に行こう #世界遺産 #ピエモンテのブドウ畑の景観:ランゲ=ロエーロとモンフェッラート #イタリア

 世界を旅して

 

 "ピエモンテのブドウ畑の景観 : ランゲ=ロエーロとモンフェッラートはUNESCOの世界遺産リスト登録物件の一つであり、イタリア、ピエモンテ州ポー川、タナロ川(英語版)流域のブドウ栽培地の中でも、バローロバルバレスコ、アスティ・スプマンテといった最高級イタリアワイン(DOCG)生産地の文化的景観を対象としている。2014年に、イタリアの世界遺産としては、50件目の登録となった物件である。イタリアワインは、スペインワイン、フランスワインとともに、世界的に見ても特に生産量が多い(2014年の世界の生産量は、1位イタリア、2位スペイン、3位フランスの順[1])。ピエモンテ州はイタリアの全20州の中で7位(21世紀初頭のデータ)と、生産量の面で傑出しているわけではない[2]。しかし、その生産量の80%がDOCないしDOCGという点に特色があり[2][3]、DOCおよびDOCGの栽培面積はイタリア最" ・・・続きはWikipediaで

 『ウィキペディア日本語版

 

 

悩みがあったとき、世界遺産の圧倒的存在感に触れ、その時の人ひとりの悩みがとても小さく思え、気持ちの切り替えができました。

 

人が誕生する前から存在していた自然の造形。幾千万人で生み出した人の造形。

 

悩みがあったらぜひ見てほしい。その存在感に触れてみてください!

 

そうだ、旅にいこう!

 

旅行に行こう!

 

 世界遺産マップ

 のぞいてみてね!