旅行に行こう #世界遺産 #ワッデン海 #デンマーク、ドイツ、オランダ

 世界を旅して

 

 "ワッデン海(ワッデンかい、オランダ語: Waddenzee、フリジア語: Waadsee、低地ザクセン語: Wattensee、ドイツ語: Wattenmeer、デンマーク語: Vadehavet、英語: Wadden Sea)あるいはワデン海(ワデンかい)[1]は、北西ヨーロッパ大陸の一部と北海の間に横たわる水域とそれに関連する海岸の湿原の名前である。ワッデン海は、南西端のオランダのデン・ヘルデルから、ドイツの河口をいくつか越えて、北端のデンマークエスビャウ北部のSkallingenまで、全長約 500 km にわたって、約 10,000 km2 の面積に広がっており[注 1]、主要な港として東側にハーリンゲン港が、西側にデンヘルデル海軍基地がある[1]。ワッデン海は、中世の海進(英語版)[要リンク修正]によって生じたゾイデル海の外洋(北)側部分であったが、1932年に完成した締め切り大堤防によって内陸(南)側のアイセル湖と分断された[" ・・・続きはWikipediaで

 『ウィキペディア日本語版

 

 

悩みがあったとき、世界遺産の圧倒的存在感に触れ、その時の人ひとりの悩みがとても小さく思え、気持ちの切り替えができました。

 

人が誕生する前から存在していた自然の造形。幾千万人で生み出した人の造形。

 

悩みがあったらぜひ見てほしい。その存在感に触れてみてください!

 

そうだ、旅にいこう!

 

旅行に行こう!

 

 世界遺産マップ

 のぞいてみてね!