旅行に行こう #世界遺産 #京杭大運河 #中国

 世界を旅して

 

 "京杭大運河(けいこうだいうんが)は、中国の北京から杭州までを結ぶ、総延長2500キロメートルに及ぶ大運河である。途中で、黄河と長江を横断している。戦国時代より部分的には開削されてきたが、隋の文帝と煬帝がこれを整備した。完成は610年。運河建設は人民に負担を強いて隋末の反乱の原因となったが、運河によって経済の中心地江南と政治の中心地華北、さらに元のクビライ・ハーンによって軍事上の要地である涿郡だった大都(後の北京)が結合して、中国統一の基盤が整備された。この運河は、その後の歴代王朝でもおおいに活用され、現在も中国の大動脈として利用されている。2014年の第38回世界遺産委員会でシルクロードなどとともに世界遺産リストに登録された。西晋の滅亡以後、中国は300年近い年月にわたって南北に分裂していた。南北がなかなか統一されない原因として、淮水・長江の間に網" ・・・続きはWikipediaで

 『ウィキペディア日本語版

 

 

悩みがあったとき、世界遺産の圧倒的存在感に触れ、その時の人ひとりの悩みがとても小さく思え、気持ちの切り替えができました。

 

人が誕生する前から存在していた自然の造形。幾千万人で生み出した人の造形。

 

悩みがあったらぜひ見てほしい。その存在感に触れてみてください!

 

そうだ、旅にいこう!

 

旅行に行こう!

 

 世界遺産マップ

 のぞいてみてね!