旅行に行こう #世界遺産 #ストックレー邸 #ベルギー

 世界を旅して

 

 "ストックレー邸(Le palais Stoclet)は、ブリュッセルのテルヴュラン通り279/281番地(le 279/281 avenue de Tervueren)に残る邸宅で、2009年6月の世界遺産委員会で、ユネスコ世界遺産リストに登録されたモダニズム建築である[1]。この邸宅は、1903年か1904年に、ベルギーの金融業者アドルフ・ストックレー(Adolphe Stoclet)の私邸とするために、オーストリアの建築家ヨーゼフ・ホフマンによって考案されたものである。実際の建築は、1905年から1911年にかけて段階的に行われた。ストックレー邸は、20世紀初頭に発達した、内装・外装、家具・日用品、庭園などを不可分のものと捉える総合芸術 (Gesamtkunstwerk) を体現した建物である。内装はグスタフ・クリムトフェルナン・クノップフが手がけた。建物は直線的で、曲線が主体だったアール・ヌーヴォーの時代にあっては革新的なものだっ" ・・・続きはWikipediaで

 『ウィキペディア日本語版

 

 

悩みがあったとき、世界遺産の圧倒的存在感に触れ、その時の人ひとりの悩みがとても小さく思え、気持ちの切り替えができました。

 

人が誕生する前から存在していた自然の造形。幾千万人で生み出した人の造形。

 

悩みがあったらぜひ見てほしい。その存在感に触れてみてください!

 

そうだ、旅にいこう!

 

旅行に行こう!

 

 世界遺産マップ

 のぞいてみてね!