旅行に行こう #世界遺産 #上都 #中国

 世界を旅して

 

 "座標: 北緯42度21分35秒 東経116度10分45秒上都(じょうと、拼音: Shàngdū)は、モンゴル帝国(元)のクビライが、モンゴル高原南部(現在の中華人民共和国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗南部)に設けた都。正藍旗の南のドロンノール県中心市街地から北西へ28km離れており、灤河上流の閃電河の河畔に位置する。上都鎮からは東北20km、北京からは北へ275km。元朝の夏の首都として使われた。1275年に上都を訪問したマルコ・ポーロが『東方見聞録』に記録したことによりヨーロッパ人にその存在が知られるようになった。西洋ではザナドゥXanadu あるいは Xanadumoo、Zanadu、Shangdu)とも呼ばれる。2002年から修復作業が行われ[1]、2012年に遊牧民族と農耕民族の文明の衝突と融合を示す貴重性が認められ[2]、UNESCOの世界遺産に登録された[3]。元の皇帝に即位する前、クビライは、契丹や" ・・・続きはWikipediaで

 『ウィキペディア日本語版

 

 

悩みがあったとき、世界遺産の圧倒的存在感に触れ、その時の人ひとりの悩みがとても小さく思え、気持ちの切り替えができました。

 

人が誕生する前から存在していた自然の造形。幾千万人で生み出した人の造形。

 

悩みがあったらぜひ見てほしい。その存在感に触れてみてください!

 

そうだ、旅にいこう!

 

旅行に行こう!

 

 世界遺産マップ

 のぞいてみてね!