旅行に行こう #世界遺産 #ペルセポリス #イラン(イスラム共和国)

 世界を旅して

 

 "ペルセポリス古代ギリシア語: Πέρσης πόλις - 音声転写: Pérsēs pólis、英語: Persepolis、古代ペルシア語: 𐎱𐎠𐎼𐎿 - 翻字 پارسه Pārsa - 音声転写: Pārśapura[1])は、アケメネス朝ペルシア帝国の都であった。ダレイオス1世(ダーラヤーウ1世)が建設した宮殿群であった。遺跡はイランのファールス州(当時の地名はパールサ地方)にある。ペルセポリスの名はギリシャ語の記録に由来し、意味は「ペルシア人の都[2]」である。現代ペルシャ語ではタフテ・ジャムシード(takht-e jamshid、تخت جمشید、「ジャムシード玉座」の意)と呼ばれている。ダレイオス1世がペルセポリスの建設に着手したのは紀元前520年のことであった。これはダレイオス1世即位時の大反乱(詳細はアケメネス朝を参照)の鎮圧直後のことであり、当初帝国の中心として構想された都市であったといわれてい" ・・・続きはWikipediaで

 『ウィキペディア日本語版

 

 

悩みがあったとき、世界遺産の圧倒的存在感に触れ、その時の人ひとりの悩みがとても小さく思え、気持ちの切り替えができました。

 

人が誕生する前から存在していた自然の造形。幾千万人で生み出した人の造形。

 

悩みがあったらぜひ見てほしい。その存在感に触れてみてください!

 

そうだ、旅にいこう!

 

旅行に行こう!

 

 世界遺産マップ

 のぞいてみてね!