旅行に行こう #世界遺産 #バイカル湖 #ロシア連邦

 世界を旅して

 

 "バイカル湖(バイカルこ、ブリヤート語: Байгал далай、バイガル ノール、「自然の湖」の意[5]、ロシア語: озеро Байкал、ozero Baikal、IPA:[ˈozʲɪrə bɐjˈkaɫ] オージラ バイカール)は、ロシア南東部[6]のシベリア連邦管区ブリヤート共和国イルクーツク州・ザバイカリエ地方に挟まれた三日月型の湖である[7][8]。「シベリアの真珠」[6][7][9]とも、ガラパゴス諸島と並ぶ「生物進化の博物館」[10]とも称される。南北680km×東西幅約40-50km(最大幅80km)[11]に及ぶ湖水面の面積は31,494 km2(琵琶湖のおよそ46倍)。カスピ海(塩湖)や20世紀後半から急速に面積を縮小しているアラル海を除くとアジア最大である[12]。淡水湖で比較した場合、面積は世界最大のスペリオル湖には及ばないものの、最大水深が1,634 - 1,741m[注 1]と世界で最も深い[14]。湖面は標高45" ・・・続きはWikipediaで

 『ウィキペディア日本語版

 

 

悩みがあったとき、世界遺産の圧倒的存在感に触れ、その時の人ひとりの悩みがとても小さく思え、気持ちの切り替えができました。

 

人が誕生する前から存在していた自然の造形。幾千万人で生み出した人の造形。

 

悩みがあったらぜひ見てほしい。その存在感に触れてみてください!

 

そうだ、旅にいこう!

 

旅行に行こう!

 

 世界遺産マップ

 のぞいてみてね!