旅行に行こう #世界遺産 #イチャン・カラ #ウズベキスタン

 世界を旅して

 

 "イチャン・カラ(ウズベク語: Ichan Qa'la)とは、中央アジア西アジアの都市に見られる市街地の形態である。城壁に囲われた市街地で、日本語に直訳すると「内城」となる[1]。城壁の外に発展した郊外の区域は「デシャン・カラ(ディシャン・カラ、外城)」と呼ばれる。1990年にユネスコ世界遺産に登録されたウズベキスタン共和国のヒヴァの旧市街地が特に有名であり[1]、この項目では、ヒヴァのイチャン・カラについて記述する。中央アジア西アジアの各都市に存在する内城のうち、無傷の状態で保たれているのはヒヴァのイチャン・カラのみであり、封建的・イスラーム都市国家を知る上で一級の資料となっている[2]。イチャン・カラは東西約450m、南北約650mに広がり、やや東に傾いた長方形をしている[1]。城壁の高さは7-8m、基部の厚さは5-6m、全長2.2km、面積は26ヘクタールに及び[2]、" ・・・続きはWikipediaで

 『ウィキペディア日本語版

 

 

悩みがあったとき、世界遺産の圧倒的存在感に触れ、その時の人ひとりの悩みがとても小さく思え、気持ちの切り替えができました。

 

人が誕生する前から存在していた自然の造形。幾千万人で生み出した人の造形。

 

悩みがあったらぜひ見てほしい。その存在感に触れてみてください!

 

そうだ、旅にいこう!

 

旅行に行こう!

 

 世界遺産マップ

 のぞいてみてね!