旅行に行こう #世界遺産 #ファジル・ゲビ #エチオピア

 世界を旅して

 

 "ファジル・ゲビは、エチオピアの都市ゴンダールにある王宮群が立ち並ぶ小高い丘。17世紀から18世紀にかけて、ここを首都としていたゴンダール期(ソロモン朝に含まれる)の歴代皇帝たちが居城や聖堂を建造した。1979年にユネスコ世界遺産に登録された。ファジル・ゲビに並ぶ石造建造物群は、ゴンダール様式と呼ばれる独特の建築様式を持つ。その建築様式は、イスラーム建築、インド建築、バロック建築などの影響を受けている。この世界遺産世界遺産登録基準のうち、以下の条件を満たし、登録された(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。座標: 北緯12度36分29秒 東経37度28分11秒{1}{2}" ・・・続きはWikipediaで

 『ウィキペディア日本語版

 

 

悩みがあったとき、世界遺産の圧倒的存在感に触れ、その時の人ひとりの悩みがとても小さく思え、気持ちの切り替えができました。

 

人が誕生する前から存在していた自然の造形。幾千万人で生み出した人の造形。

 

悩みがあったらぜひ見てほしい。その存在感に触れてみてください!

 

そうだ、旅にいこう!

 

旅行に行こう!

 

 世界遺産マップ

 のぞいてみてね!