旅行に行こう #世界遺産 #プスコフ建築派の聖堂群 #ロシア連邦

世界を旅して

 

 

 

"プスコフ建築派の聖堂群(プスコフけんちくはのせいどうぐん)は、ロシア北西部のヴェリーカヤ川のほとりにあるプスコフに点在する、12世紀から15世紀に建造されたプスコフ建築派の教会、聖堂、修道院、要塞塔、行政施設で構成されたロシアの世界遺産である。プスコフ建築派の聖堂群は、立方体形状・ドーム・張り出し屋根付きの玄関、鐘楼を特徴とし、最も古いものは12世紀に遡る。教会と聖堂は庭園、外壁、フェンスを通じて自然環境と一体となっている。ビザンツ様式とノヴゴロドの伝統に影響されたプスコフ建築派は15世紀と16世紀に最盛期を迎え、ロシアでも最先端の建築様式として以後5世紀に渡りロシアの建築様式の発展に影響を与えた。この世界遺産世界遺産登録基準のうち、以下の条件を満たし、登録された(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。{1}{" ・・・続きはWikipediaで

 

 

ウィキペディア日本語版

 

 

悩みがあったとき、世界遺産の圧倒的存在感に触れ、その時の人ひとりの悩みがとても小さく思え、気持ちの切り替えができました。

 

人が誕生する前から存在していた自然の造形。幾千万人で生み出した人の造形。

 

悩みがあったらぜひ見てほしい。その存在感に触れてみてください!そうだ、旅にいこう!旅行に行こう!世界遺産マップのぞいてみてね!