旅行に行こう #世界遺産 #中央スリナム自然保護区 #スリナム

世界を旅して

 

 

 

"中央スリナム自然保護区(ちゅうおうスリナムしぜんほごく)は、その名が示す通りスリナム中央部に位置する自然保護区である。2000年にユネスコ世界遺産に登録された。IUCNカテゴリーはII(国立公園)である。中央スリナム自然保護区の前身は、Raleighvallen自然保護区、Eilerts de Haan Gebergte自然保護区、Tafelberg自然保護区という1966年に設定された3つの自然保護区である。1998年7月31日にこれらを包含し、なおかつより広い範囲を対象とする自然保護区として、中央スリナム自然保護区が設定された。旧3保護区の合計面積は4380 km2 だったが、現在の中央スリナム自然保護区の面積は16000 km2 であり、スリナム全土のおよそ1割に該当する。熱帯の気候で、年平均気温は27度前後、年平均降水量は1750 mmから 3000 mmである。降水量は多いが、一年に2度ある雨季に集中しており、それらの間" ・・・続きはWikipediaで

 

 

ウィキペディア日本語版

 

 

悩みがあったとき、世界遺産の圧倒的存在感に触れ、その時の人ひとりの悩みがとても小さく思え、気持ちの切り替えができました。

 

人が誕生する前から存在していた自然の造形。幾千万人で生み出した人の造形。

 

悩みがあったらぜひ見てほしい。その存在感に触れてみてください!そうだ、旅にいこう!旅行に行こう!世界遺産マップのぞいてみてね!