旅行に行こう #世界遺産 #タフテ・バヒーの仏教遺跡群とサハリ・バハロールの近隣都市遺跡群 #パキスタン

世界を旅して

 

 

 

"タフテ・バヒーの仏教遺跡群とサハリ・バハロールの近隣都市遺跡群(タフテ・バヒーのぶっきょういせきぐんとサハリ・バハロールのきんりんとしいせきぐん)は、パキスタン世界遺産の一つであり、1世紀から7世紀のガンダーラにおける僧院や都市建築の様子を伝える遺跡群である。カイバル・パクトゥンクワ州に残るそれらの遺跡群は、1980年にUNESCOの世界遺産リストに登録された。この物件は名称が示すように、タフテ・バヒーの仏教遺跡群と、サハリ・バハロールの都市遺跡群とで形成され、両者はおよそ5 キロメートル離れている[1]。タフテ・バヒー[注釈 2]は、マルダン地区に残る仏教遺跡である。タフテ・バヒーは「源泉の玉座」を意味し[注釈 3]、遺跡が作られた小高い丘に湧いていた泉に由来するという[2]。遺跡のある範囲の高さは 36.6 m から152.4 m である[1]。この寺院はクシャーナ朝" ・・・続きはWikipediaで

 

 

ウィキペディア日本語版

 

 

悩みがあったとき、世界遺産の圧倒的存在感に触れ、その時の人ひとりの悩みがとても小さく思え、気持ちの切り替えができました。

 

人が誕生する前から存在していた自然の造形。幾千万人で生み出した人の造形。

 

悩みがあったらぜひ見てほしい。その存在感に触れてみてください!そうだ、旅にいこう!旅行に行こう!世界遺産マップのぞいてみてね!