旅行に行こう #世界遺産 #ブリムストーン・ヒル要塞国立公園 #セントクリストファー・ネイビス

世界を旅して

 

 

 

"ブリムストーンヒル要塞国立公園(Brimstone Hill Fortress National Park)は、カリブ海の島国セントクリストファー・ネイビスのセントクリストファー島(セントキッツ島)にある、17世紀から18世紀にかけてイギリスが建てた、約38エーカー以上もの広さを持つ、西インド諸島最大の要塞の史跡である。この要塞は、セントクリストファー島の首都バセテールから北の海岸線に沿ったブリムストーンヒル(硫黄の丘)の海抜約250mの高さのところにある。イギリス人の設計により、ほぼ90年間の歳月を費やして、1782年に完成させた要塞である。実際の建設作業には、アフリカから連れて来られた奴隷の労働力が充てられた。17世紀から18世紀にかけて、セントクリストファー島とネイビス島は、イギリスとフランスとの間で領有を巡って対立していた。1690年、フランスを駆逐した後、イギリスはブリムスト" ・・・続きはWikipediaで

 

 

ウィキペディア日本語版

 

 

悩みがあったとき、世界遺産の圧倒的存在感に触れ、その時の人ひとりの悩みがとても小さく思え、気持ちの切り替えができました。

 

人が誕生する前から存在していた自然の造形。幾千万人で生み出した人の造形。

 

悩みがあったらぜひ見てほしい。その存在感に触れてみてください!そうだ、旅にいこう!旅行に行こう!世界遺産マップのぞいてみてね!