旅行に行こう #世界遺産 #バット、アル=フトゥム、アル=アインの考古遺跡群 #オマーン

世界を旅して

 

 

 

"バット、アル=フトゥム、アル=アインの考古遺跡群(バット アル=フトゥム アル=アインのこうこいせきぐん)は、オマーンにあるユネスコ世界遺産登録物件の一つ。アフダル山に残るバットのネクロポリスと、その2 km 西に位置するアル=フトゥムの塔、バットの南東 22 km に位置するアル=アインのネクロポリスなどが登録されている。バットの遺跡などが残るマガン(Magan)地方は、紀元前3千年紀には、遠く離れたメソポタミアの地にまで銅を輸出していたとされる。当時のマガン地方の実態は未解明の部分が多く、1972年に発掘が始まったバットの遺跡の調査は、その解明に寄与するものと期待された。オマーンはバットの遺跡を「バットのネクロポリス」(the Necropolis of Bat)として世界遺産に推薦したが、1987年の審議ではICOMOSによって延期が勧告された。ICOMOSは遺跡が持つ重要性を認め" ・・・続きはWikipediaで

 

 

ウィキペディア日本語版

 

 

悩みがあったとき、世界遺産の圧倒的存在感に触れ、その時の人ひとりの悩みがとても小さく思え、気持ちの切り替えができました。

 

人が誕生する前から存在していた自然の造形。幾千万人で生み出した人の造形。

 

悩みがあったらぜひ見てほしい。その存在感に触れてみてください!そうだ、旅にいこう!旅行に行こう!

 

 

 

世界遺産マップのぞいてみてね!