旅行に行こう #世界遺産 #カルハットの都市遺跡 #オマーン

世界を旅して

 

 

 

"北緯22度42分 東経59度22分 座標: 北緯22度42分 東経59度22分カルハットの都市遺跡(カルハットのとしいせき)は、アラビア半島の東岸沿いに位置する11-15世紀に栄えた商業港の遺跡からなるオマーン世界遺産である。オマーンの首都マスカットの南東に位置するカルハットの都市遺跡は、内壁と外壁に囲まれており、その更に外側にはネクロポリスが広がっている。都市は11世紀から15世紀の間アラビア半島東岸で著名な港湾のひとつであり、ホルムズ王国によって統治されていた。都市遺跡はアラビア半島東岸と東アジア、インド、中国および東南アジアを結ぶ交易網を物語る考古学的物証と位置づけられている[1]。明確な建造物としては、ビビ・マリヤム廟のみが残っている。この世界遺産世界遺産登録基準のうち、以下の条件を満たし、登録された(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準から" ・・・続きはWikipediaで

 

 

ウィキペディア日本語版

 

 

悩みがあったとき、世界遺産の圧倒的存在感に触れ、その時の人ひとりの悩みがとても小さく思え、気持ちの切り替えができました。

 

人が誕生する前から存在していた自然の造形。幾千万人で生み出した人の造形。

 

悩みがあったらぜひ見てほしい。その存在感に触れてみてください!そうだ、旅にいこう!旅行に行こう!

 

 

 

世界遺産マップのぞいてみてね!