旅行に行こう #世界遺産 #ザンクト・ガレン修道院 #スイス

世界を旅して

 

 

 

"ザンクト・ガレン修道院は、スイスのザンクト・ガレンにある中世以来の歴史を誇る修道院。現在の建物は18世紀に建造されたものであって中世修道院の面影はないが、バロック建築の傑作として評価されている[1]。また、かつて何世紀にもわたりベネディクト会の中心的修道院のひとつであったこの修道院の付属図書館には、数多くの写本や稀観書が収蔵されている。この修道院と図書館は、1983年にユネスコ世界遺産に登録された。この修道院アイルランドから来た(en)聖ガルス(en)が613年に設立したものが母体となっている。修道院となったのはより後のことであるが、その名(同時にこの修道院のもとで発達した町の名)は、聖ガルスにちなんでいる。聖ガルスは聖コルンバヌス(en)の弟子にして友人であり、この地で646年に歿した。カール・マルテルはオトマール (Othmar, 689年頃 - 759年) に聖ガルス" ・・・続きはWikipediaで

 

 

ウィキペディア日本語版

 

 

悩みがあったとき、世界遺産の圧倒的存在感に触れ、その時の人ひとりの悩みがとても小さく思え、気持ちの切り替えができました。

 

人が誕生する前から存在していた自然の造形。幾千万人で生み出した人の造形。

 

悩みがあったらぜひ見てほしい。その存在感に触れてみてください!そうだ、旅にいこう!旅行に行こう!

 

 

 

世界遺産マップのぞいてみてね!